ノンエー

NonAノンエー石鹸

 

ノンエーは、ニキビでお悩みの人のためのニキビ専用洗顔石鹸!

 

7万件以上の肌の悩みから分析して商品開発しているようです。

 

 

これまでにない豊かな泡立ちが特徴で、
キメ細かい弾力のある泡でやさしく洗い上げる「クッション洗顔」を実現!

 

ニキビ洗顔石鹸

 

現在、ドラッグストア・スーパー・マツモトキヨシ・ドンキホーテ
近所の薬局などでは販売店はありません。

 

洗顔石鹸でニキビが改善されるの?

 

通常の安い石鹸とノンエー洗顔石鹸について・・・

 

固形石鹸は一般的に低価格であって、しかも無添加なものが多いんです。

 

 

安すぎる石鹸は無添加である代わりに脂肪分が少なすぎるため、
洗顔用として使用すると肌がツッパったり、乾燥してしまう。そんな経験ありますよね。

 

つまり、顔の肌にとっては刺激が強すぎる石鹸だということです。

 

また、300円程度の石鹸の場合、
中には石鹸素地だけではなく化学物質などを使用しているものも存在しています。

 

そんな乾燥の大敵である低価格な石鹸ではなく、洗顔石鹸になるわけです。

 

洗顔といったら、洗顔フォームと洗顔石鹸がありますが、
肌の専門家でもある皮膚科の医師達も洗顔には「石鹸」が良いと推奨しています。

 

洗顔にむいている石鹸はいわゆる「純石鹸」というもので、
成分が「石けん素地」で出来ている固形石鹸です。

 

もう一つは、石けん素地に天然美容成分が配合されているものがあります。

 

この石けん素地に天然の成分がプラスされている石鹸が、
洗顔におススメされている「洗顔石鹸」ということです。

ノンエーの成分

・ダイズエキス
・クワエキス
・ローヤルゼリーエキス
・スクワラン
・ヒアルロン酸ナトリウム(2)
・海藻エキス(1)
・ 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュア)
カリウム含有石けん用素地
・精製水
・ラウリン酸
・濃グリセリン
・1.3-ブチレングリコール

 

洗顔剤には、必ずすべての成分を表示する義務があるようなので、
成分表を確認すれば石けん素地と天然成分以外のものが入っているかいないかはわかると思います。

 

防腐剤(パラベン)、着色料、香料、アルコールなどが無添加であることも基本です。

 

ノンエーは医薬部外品で無着色料・無香料・無エタノール・無鉱物油なので安心して使用できます。
石鹸・洗顔料に入っているとよくないと言われている成分も入ってないです。

生理前になると必ず大きな赤ニキビができていた私

NonAノンエー石鹸での洗顔を初めてから、2ヵ月ほどたちますが、
慢性的にできていたニキビがずいぶん治ってきています。

 

おすすめの使い方

 

洗顔前に蒸しタオルで顔を数分蒸らしておくと、 毛穴が開いて洗顔効果が高まります。
ただし熱すぎるものは肌に良くありませんから、適度な温度で行ってください。

 

洗顔は皮膚があつく皮脂の分泌も多い額や鼻のTゾーンから洗っていきましょう。

 

そのあと徐々にデリケートな部分へ順番に泡で洗っていきます。

 

額、鼻筋、頬と洗った後に、目の周辺など肌の薄い部分を軽く洗うという順番が良いです。

 

洗い残しがないように十分に洗い流す。できればぬるま湯が好ましいです。
洗顔後はタオルで水気を吸い取り、化粧水や乳液などで保湿する事も忘れずに。

 

ノンエーはカリ含有石ケン素地が配合されており、
通常の石ケン素地に比べ約4倍の弾力がありキメ細かな泡で毛穴の汚れを除去してくれます。

 

NonAはたくさん肌に良い成分が入っていて、
その一つが甘草から抽出された成分で名前はグリチルリチン酸ジカリウム

 

厚生労働省の認可を受けた医薬部外品。
抗炎症や消炎効果が期待できるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので、ニキビを予防します。

 

口コミを見てみると
ニキビ、アトピー、肌荒れ、ニキビ跡になったお肌の方にも利用者がいて、とても喜ばれています。

NonAノンエー石鹸は返金保証付き

全ての方が肌に合うとは限りません。万が一ということもあります。
ノンエーは、お試しミニサイズ12gで合う合わないを試せます。

 

合わない場合は、
使用して10日以内であれば全額返金保証で返金申請ができます。

 

 

ニキビを治すには、肌が持っている力を活性化させ、
ターンオーバーをリズムよく行わせることが大切です。

洗顔以上に大切なのがクレンジング?!

クレンジングオイルは、メイクを落とした後、すすぎで完全に洗い流すべきなのですが、
実際には毛穴に残ってしまうことが多いのです。

 

基本的なクレンジングと洗顔の違いについて

 

クレンジングは、メイクなどの脂汚れや、
毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすもの。

 

洗顔は、古くなり、お肌に必要のなくなった角層や余分な皮脂や汗、
顔についたホコリなどを落とします。

 

クレンジングは主に“、油性”の汚れや落ちにくい頑固な毛穴のつまりに
洗顔は主に、“水性”の汚れをきれいにするもの

 

ととらえると分かりやすいかもしれません。

 

クレンジングだけでも一見汚れはしっかり落ちているように見えて、
洗いあがりもさっぱりすることから、「洗顔なしでも大丈夫なのでは?」
と感じる人もいるかもしれません。

 

油性と水性という性質の異なる汚れを対象としているので、
クレンジング+洗顔の“ダブル洗顔”を行うことはスキンケアに必須です。

 

また、薄いメイクや日焼け止めだけで過ごした日には、クレンジングをせず、
洗顔だけで済ませてしまうこともありますが、どんなに薄くてもメイク汚れはクレンジングでしか落ちません。

 

とくに日焼け止めは、顔にしっかりと塗りこむので汚れも毛穴にしっかりと埋めこまれています。

 

しっかりダブル洗顔をして汚れを落とすことが、美肌へのカギと言えるでしょう。

入浴時のシャンプーも注意!

 

お風呂に入る際は、シャンプーに注意しなくてはなりません。

 

髪を洗う時、顔を下に向けて洗い流している方が多くいますが、
ニキビ肌にとってこれはNGです。

 

シャンプーやコンディショナーには、合成界面活性剤など、
肌に刺激の強い成分が様々配合されています。

 

ニキビ肌のように、肌のバリア機能が弱まった状態には良くありませんので、
できればシャンプー剤が顔にかからないように上を向いて、洗い流すようにしましょう。

 

顔は防げても背中や首にシャンプー剤は触れてしまいますので、
体は洗髪後に洗うようにしてうださい。

 

髪が触れる首元は、シャワーキャップをかぶったり髪をアップにして、
シャンプーの成分が肌に残らないようにしっかりと洗いたいですね。

NonAノンエー石鹸はこんな感じで届きます。

 

 

 

 

<商品の中身>
・ノンエー石鹸本品100g
・石鹸サンプル12g
・ローションサンプル10ml
・ジェルサンプル5g
・泡立てネット

 

価格は 1個2,940円(税込)。3個セットならもっとお得に購入が出来ます。

 

1個でだいたい3か月くらいは使えますよ。

 

 

ニキビの必要性に疑問を感じている人もいます。ニキビは全く行わず肌そのものが持つ保湿力を大切にするという考え方です。でも、メイクをした後はメイクを落とすためにクレンジングが必要になります。市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌の乾燥が進んでしまいます。肌断食を否定はしませんが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。ニキビには順序があります。きちんとした使い方をしないと、せっかくの効果も半減してしまいます。洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌を潤しましょう。美容液を使用するのは基本である化粧水の次に使いましょう。その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。水分を肌に染みこませてから乳液やクリームでフタをしていくのです。肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサージをするなどということが大切です。しかし、内部からの肌への働きかけはそれ以上に大切と言えるのではないでしょうか。暴飲暴食や寝不足、タバコを吸うといった生活をしていると、どんなに高価で優れた化粧品でも、充分に活かすことができません。まずは生活習慣を見直すことが、体の内側からスキンケアを行うことができます。肌は状態を見てニキビのやり方を使い分けることが必要です。ずっと同じやり方で、お肌を思っていればいいわけではありません。乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというように分けておこなっていかなくてはならないのです。春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから季節にあったケアをすることも大切なのです。ニキビで特別考えておかないといけないことがきちんと汚れを落とすことです。メイク落としをしっかりしないとそれが原因で、肌のトラブルが起こってしまうでしょう。けれど、丁寧すぎるほど丁寧に洗ってしまうと、肌をきれいに保つのに必要な皮脂までを取り除く結果になってしまって、荒れた肌になってしまうでしょう。また、適切な洗い方とはやり方といったものがあり、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。使用はシェイプアップだけではなくニキビとしても利用できますが、専用クリームなどを使ったハンドマッサージや高価な機器などを使用してしつこい毛穴の汚れも取ってしっとり・すべすべにしてくれます。肌の新陳代謝も活発になるでしょう。お肌が若い頃に蘇ったみたいだと言っています。今、ニキビにノンエーを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、ニキビ化粧品に混ぜて使うといいのだとか。メイク落としとしても使えますし、顔や体のマッサージをする際に使ってみるのもいいですね。もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもニキビにつなげることができます。ですが、質に関しては良いものをしっかりこだわりたいですね。スキンケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また乾かないようにすることです。洗顔をきちんと行わないと肌に問題が発生します。さらに、肌の乾燥もまた肌を守っている機能を弱めてしまうことになるため、絶対に保湿を行ってください。しかし、保湿しすぎるのもいいことではありません。効果で肌ケアをしている人も非常に多いです。ニキビに使う化粧品を効果にすると、さっと済ませることができるので、日常的に使われる方が増えるのも当然であると言えましょう。ニキビ化粧品を一通り揃えるよりもお金がかからず、非常に魅力的です。ただし、人によってあまり効果がでない場合もありますので、配合成分のご確認をお願いいたします。原因成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどが遅くすることが可能です。かといって、原因化粧品を使用していたところで、生活習慣を整えなければ、肌の老化スピードに負けてしまい効き目を感じることは難しいでしょう。体の内部からのニキビということも大切なのです。

更新履歴